入れ歯治療

入れ歯の専門サイトを立ち上げました

仙台入れ歯センター
入れ歯の不具合

「入れ歯だから不自由」ではないのです。
「合っていない入れ歯だから不自由」なのですよ。
入れ歯でお困りの方、ぜひ一度ご相談にお越し下さい。
あなたが心豊かに健康な毎日を過ごされることを、
私たち河原町歯科医院はサポートいたします。

※ ご注意 その1 入れ歯を外して就寝されている方へ

1. 部分入れ歯の方

就寝時に入れ歯を外されていると、残った歯で食いしばることで歯に負担がかかって折れたりグラグラになったりして、ますます歯を喪失し悪循環に陥りますので、就寝時は部分入れ歯は装着することをお勧めいたします。

2. 総入れ歯の方

総入れ歯の場合でも、外して就寝すると噛み合わせが低くなってした下顎が後ろに下がって舌も下がって気道が狭くなり、結果無呼吸症候群を引き起こす原因にもなりますので、装着して就寝することをお勧めいたします。
「入れ歯を入れたまま寝られない」状態の入れ歯であれば、それは入れ歯が合っていないので早めに歯科医師にご相談されたほうがいいかと思います。

※ ご注意 その2 仙台でミラクルデンチャーができる歯科医院を探されている方へ

近年、よく噛める入れ歯として「ミラクルデンチャー」が広まってきているようです。
しかし、それと同時にミラクルデンチャーと騙った別のデンチャーやミラクルデンチャーを扱えないのに表記している歯科医院があり患者さんが混乱されているようです。
「ミラクルデンチャー」は、日本国内だけではなくアメリカでも特許を取得している治療技術です。
(特許:国内5、米国1認可済み)
2013年現在、全国で100院の歯科医院でのみミラクルデンチャーでの治療が可能ですが、この100院とはミラクルデンチャーの全てを習得したFGメンバーのことを指します。
FGメンバーの下には、FMメンバーとFJメンバーがいますが、ミラクルデンチャー全般を扱うことはできません。 (詳しくは下の表をご覧ください)
宮城県では当院を含め3院のみFGメンバーです。
少しややこしいですがお間違えのないようご注意ください。

会員の区分 メンバー数 要件

ミラクルFG

100名限定

ミラクルデンチャーの全てを習得したと認められ、ミラクルデンチャーの全般を扱える歯科医師

ミラクルFJ

234名

FMの中から、選抜された歯科医師で、ミラクルデンチャーの一部(ミラクルフィットと金属床)の製作が認められる歯科医師

ミラクルFM

210名
29年8月現在

中川先生の講習会に参加された歯科医師

1. こんなことでお困りではありませんか?

現在、入れ歯をされている方で、こんなことでお困りではありませんか?

  • 痛くて咬めない
  • 外れる
  • しゃべりづらい
  • 入れると吐き気がする
  • バネが気になる
  • 入れ歯安定剤を使用している
入れ歯の困り事

これは、患者さんの体質の影響もあるのですが、ほとんどの場合、
「入れ歯が合っていない」ことが原因で起こる症状です。

2. 奇跡の入れ歯(ミラクルデンチャー)!?

奇跡の入れ歯なんて大げさな!と思われるかもしれません。
ミラクルデンチャーとは、大阪の中川先生が世界で初めて開発した入れ歯で、特許登録もされています。 何がミラクルなのか?この入れ歯を装着すると、次のような利点があります。

ミラクルデンチャー
  • 何でもかめる。(おかき、おもち、するめ、ごぼう、コンニャク)
  • 自分の歯のように錯覚するぐらい軽い。
  • 1本の歯さえあれば可能であり、しかも上の義歯では口蓋部(のどをおおっている部分)を取り除くことができる。
  • はめている時にはまっていないと思い、はめていない時にはまっていると多くの患者さんが証言する。(それだけ自然な装着)
  • その維持装置(ミラクルタッチ)は、前歯部においては、ほとんど目立たず、従来の義歯とは異なり審美的によい。
  • あくび、くしゃみ、大笑い、してもはずれない。
  • 義歯が初めての人でも、抵抗なく義歯を入れる事ができる。
  • はずしているより、入れている方が楽なケースが多い。
  • 顔の表情がよくなった患者さんも多い。
  • 義歯の床の下に食べものが不思議なほど入らない。
  • 非常にしゃべりやすくなり、しゃべることを仕事としている人にとっては大変都合がよく、喜ばれている。

いかがですか?
こういったことが本当に起こるのだとしたら、「ミラクル」だと思いませんか?

正直、私もこのミラクルデンチャーの存在を友人から聞かされたときは、半信半疑でした。 しかし、本当かどうか一刻も早く、ミラクル義歯の実態を知りたくて、開発者の中川先生に電話をしました。その時伺った先生のお話には、患者さんに満足してもらえる義歯に賭ける情熱と、それを達成し続けてきた誇りが滲み出ていました。
その電話の直後に、中川先生から送っていただいた多くの症例写真を見て、どのような発想から、このように無理・無駄のない、きちっと維持できる義歯を思いついたのだろうかと驚かされました。その後、私の夢の中にまでそれらの義歯が出てきました。

実際に先生に作っていただくと、ミラクルデンチャーは小さく、軽く、鉤も小さく、さらに鉤の数も少ない。それなのに、いったん口の中に収まると食事や会話中に外れることも無く、痛くもない。そうした先生の治療現場や、また患者さんのとても満足した反応を目の当たりにしたときに、私が長年探し求めてきた究極の入れ歯であることを確信したのです。

それ以降、私も研修を通じ、ミラクルデンチャーを装着する技術を身につけました。
そして、今まで何らかの義歯を使用し、不満を漏らして当院へ来られた患者さんたちもミラクルデンチャーに変えた途端、満足いっぱいの笑顔が返ってきました。特に、上顎の多数歯欠損で顎を広く覆うような義歯を使用していた方は、「顎の部分が覆われなくなり、小さくなったのにガタつかず、食べ物も間に入らない」と食事にも会話にも大満足の様子でした。

近年、インプラントがかなり普及してきました。しかし、それとともにトラブルも増えています。 また、埋入した後に全身的な皮膚症状や足腰の痛みが出ることもあり、常日頃から、『何とかインプラントに代わる義歯を』と思っていましたが、そんな夢の義歯にやっと出会うことが出来ました。
私は、今、自信を持って患者さんに、ミラクルデンチャーをお勧めしています。

3. ミラクルデンチャーと通常の入れ歯との比較

ミラクルデンチャーと通常の入れ歯との比較画像

ミラクルデンチャーにも金属を使用しないタイプやフック部分が金属のタイプ、中央部分だけ金属補強のタイプや広範囲での金属補強タイプなど、患者様のお口に合わせて完全オーダーメイドで対応することができます。

これは非常に重大!
(4)、(5)のように床が無くなると味覚やしゃべることが大きく改善されます。
ミラクルデンチャーの金属床は義歯の変形を防ぎ、義歯をうすく出来ることから価値のあるものです。
大事に使って頂ければいつまでも入れた時の状態が持続します。

ミラクルデンチャーは入れ歯をされているすべての方におすすめですが、特に以下のような方におすすめしております。

  • 現在使っている義歯で噛めなくて困っている方。
  • 現在の義歯は違和感(重い、窮屈など)があり、すぐにはずしてしまう方。
  • 義歯を入れると支えている歯に痛みがある方。
  • 何回義歯を作ってもなじめず、義歯をはめられない方。
  • 初めて義歯をいれるのに不安のある方

4. 患者さんの声

40代女性

昔から歯が悪く、とうとう入れ歯になってしまいましたが、色々と調べてミラクルデンチャーがあることを知りました。付け心地もよく、思ったよりしっかりと噛めていて満足しています。

40代 女性

60代女性

インプラントにしようか迷いましたが、やはり手術に対しての怖さがあって「まずは入れ歯にしよう」と思いました。友人からの勧めでミラクルデンチャーにしましたが、まったく違和感がなく快適です。

60代 女性

50代男性

前に作った入れ歯と違い、ミラクルデンチャーにしてからしっかりと噛めるのが嬉しいです。

50代 男性

40代女性

当初こそ取り外すのに苦労しましたが、1週間ほどで慣れました。これから長く愛用していこうと思います。ありがとうございます。

40代女性

60代女性

いつもの入れ歯が調子悪くなったので、ミラクルデンチャーに替えたのですが、違和感なく、痛くもなく、しっかりと食べられることに驚いています。

60代女性

60代女性

いつもの入れ歯が調子悪くなったので、ミラクルデンチャーに替えたのですが、違和感なく、痛くもなく、しっかりと食べられることに驚いています。

60代女性

50代男性

今までの入れ歯と何が違うのか、素人の私には分かりませんが、ここまで噛めるものなのかと驚いています。1,2本だけならインプラントもと考えましたが、私のように多くの歯がない人間にとってはインプラントはあまりにも高すぎます。その点、ミラクルデンチャーは保険は利きませんが、十分に納得でき満足できる価格と使い心地です。

50代男性

60代女性

友人から聞いていた評判どおりのミラクルデンチャーです。
使い始めてまだ4ヶ月ですが、噛むことや話すことでも困ったことはありません。院長先生に感謝しております。

60代女性

60代女性

こんなに良いのなら、もっと早くにこの入れ歯にしておいたらよかった。

60代女性

5. 総入れ歯の種類

プラスチック

プラスチックの入れ歯

発音しにくかったり食物の味が変わったりしたりする場合があります。入れ歯の強度が弱く、寿命が短いといえます。保険適用が可能です。

金属

金属の入れ歯

金属なので薄く作ることができるため、装着感に優れており、発音もしやすいです。金属部分が多いので、冷たいものや温かいものが感じられ、美味しく食べることができます。また、金属の中でもチタンは、生体に優しく金属アレルギーのある方には推奨しています。

さらに、ゴールドは、金属の中で最も適合性に優れているため、お口の中にピッタリとはまる形で、長期間使用ができる、最も理想的な入れ歯といえます。

※入れ歯の種類には、保険が適用できる入れ歯と、できない入れ歯があります。保険診療でも十分な入れ歯はできます。ただし、上あごがプラスチックで覆われているため、お口の中で熱さを感じることができず、「のどもと過ぎれば熱さを忘れる」の逆で、「のどもとにきて熱さを感じる」などの味覚の点、ならびに床が厚いので違和感が強いなどの欠点があります。

また、その点、上あごを金属床にすると、違和感の無さや味覚は飛躍的に向上します。 また、きちんと設定した咬み合わせの高さを維持するには、金属の歯がいいでしょう。

さらに、金(ゴールド)は、生体親和性に優れており、同じ設計の入れ歯でも違和感はかなり小さくなります。

患者さんのお口の状態によって使用できる入れ歯とできない入れ歯がありますので、入れ歯治療をご希望の患者さんには、一度ご相談ください。

以上を参考にしていただければ幸いです。

入れ歯の専門サイトを立ち上げました

仙台入れ歯センター