TOP > かみ合わせ治療(診療科目)

診療科目

かみ合わせ治療

〜あなたの頭痛、肩こり、腰痛、生理痛は
「噛み合わせ」が原因かもしれませんよ〜


かみ合わせ認定医

《日本顎咬合学会−かみ合わせ認定医》


当院院長は、日本顎咬合学会の咬み合わせ認定医の資格を取得しています。
かみ合わせが不調だと思われる方、またそのように診断された方は
どうぞお気軽にご相談ください。
セカンドオピニオンも受け付けております。


1.噛み合わせのズレが全身に影響を及ぼす理由

STEP1:噛み合わせがズレる
まず、噛み合わせがズレると、咀嚼筋などの筋肉が緊張状態(力のかかった状態)になります。つまり、顎周辺の筋肉の力のかかり方が変わるということです。緊張するとその方向に身体が傾きはじめます。つまり噛み合わせがズレると首や頭の角度や位置が微妙に変化するのです。

STEP2:身体の重心が変わる
頭部は人間の身体の重心に大きな影響を与えています。二足歩行をする人間にとって、頭部が身体の重心に大きな影響を与えているのは、容易に想像がつくと思います。つまり、噛み合わせがズレると、頭部の筋肉状態が変わり、頭部が傾いて、ひいては身体全体の重心が変化するのです。

STEP3:身体が変わる!
身体の重心が変わると、今度は身体全体がバランスをとろうとしますので、結果的に筋肉や骨格、神経までにも影響を与えます。原因がはっきりしない、めまい、肩こり、腰痛、不良姿勢、喘息、不眠、生理痛、高血圧症、更年期障害、自律神経失調症、不定愁訴などの苦しい症状に悩まされるようになるのです。

東洋医学では、ある特定の筋肉と内臓との関連性が言われています(例えば膵臓の機能低下があると広背筋の弱化が見られるという様な)。同様に、一本一本の歯は体の筋肉や内臓と関連しているのです。ただ、どの歯のどの部位とどの臓器が関連しているかという細かいところはまだ不明ですが、おおざっぱな関連性は海外の書物により言われております。

日本ではそのような研究が大学レベルで行われていないので多分ほとんどの歯科医院や大学病院では「そんな事がある訳ない」といわれてしまうでしょう。

噛み合わせと全身というと前半で示したように「顎の位置がずれるため」と説明されてきていますが、それ以外にも歯の接触状態等により歯の中や周囲の神経に入る異常な刺激によっても体が反応しているのではないかと思われます。というのは、全く上下の噛み合わせに関与していない頬側面や舌側面をわずかに削っただけで顎が開くようになったり頭痛が治ったりする事があるからです。また、口を開いた状態で仮歯をはずすと瞬時に頭痛が起き、はめると止まるという現象が見られたりもするのです。この場合、顎は全然動いていないし上下の歯の接触も無いのですから、現代の西洋歯科医学では説明できないと思います。

このように、人間の体というのは歯の治療により大なり小なり微妙に影響を受けるのです。

それを理解していない歯科医に治療を受けると、歯は治ったけど腰が痛くなったり血圧が上がったりという事にもなりかねません。そして、整形外科や内科に行っても歯との関連までは分かりませんから、年だからとマッサージに通ったり降圧剤をのみ続けたりする事になってしまいます。

▲ページトップに戻る