TOP > 痛みの少ない虫歯治療(診療科目)

診療科目

痛みの少ない虫歯治療

〜「痛い」「恐い」の歯医者のイメージを払拭します!〜


「歯の治療は嫌い」と思われている方はかなり多いと思います。歯科治療の恐怖や不安から患者さんを解放させるものとして、当院では無痛治療を心がけ、患者さんにとって快適な治療を行っています

表面麻酔

ゼリー状の麻酔薬を、麻酔の針を刺す粘膜部位に塗布して感覚をマヒさせます。

表面麻酔

電動注射器

コードレス電動注射器をコンピューターで制御し、一定の力でゆっくり麻酔液を注入します。

電動注射器


1.昔の治療は痛かった!?

昔のように、歯の治療で注射は痛いということはなくなりました。
私が幼い頃の治療は確かに痛かった経験があります。歯を削るエアータービンがまだ普及していなかった時代です。
現在では一分間に数十万回転する器具と、よくできたダイヤモンドバーで身体の中で一番硬い歯を簡単に削れますが、その当時は回転数が2ケタも遅い器具でした。確かに歯を削ろうとしても削るのにとっても時間がかかるはずで、痛くない治療には程遠いものがありました。
ですから、歯医者さんに最近行かれていない方にとっては、「歯医者は痛いもの」という意識が根強く残っています。

2.河原町歯科医院の痛みの少ないむし歯治療

人によって痛みの感じ方は異なりますが、基本的には麻酔薬を用いれば「痛い」歯科治療はありえません。痛くない治療ができます。
しかし、問題は「麻酔注射の痛み」ですよね。チクッとするあの痛みが嫌な方も多いかと思います。
実は、麻酔注射の痛みは、大きく2種類に分けることができます。

1つめは、注射針が刺さるときの痛み。

→河原町歯科医院では、この痛みを避けるために、表面麻酔薬を使用し、できるだけ細い針を使用しています。また、痛みを感じさせないテクニックとして、針は動かさずに粘膜を針に近づけて注射をしています。

2つめは、麻酔薬が組織内に注入される圧力による痛み。

→意外とこの注入圧が痛いのですが、河原町歯科医院では、麻酔液を最も痛みの少ない 37℃ に暖め、電動の注射器を使ってゆっくりと麻酔しますので、ほとんど痛みを感じません。

患者さんに「えっ、もう注射したの?」と言われたこともありました。どうか、「歯医者は痛い(恐い)」の先入観で歯の痛みを我慢せずに、歯科医院に足をお運びください。

▲ページトップに戻る