TOP > 大人の矯正歯科(診療科目)

診療科目

大人の矯正歯科

〜出っ歯・八重歯・すきっ歯・受け口を美しい歯並びにします〜


《矯正についての院長からのお知らせ》

河原町歯科医院では、より確かな矯正治療を行うために、オクルーザーを導入しております。 オクルーザーとは咬合接触状態や面積、咬合力、バランス等の測定結果を数値化することが出来る画期的なシステムで、矯正治療や噛み合わせ治療には欠かすことのできないものです。

まだまだ導入している歯科医院は少ないですが、オクルーザーを用いた精密な咬む力の診断は、予後を大きく左右し、咬合療法研究会でもオクルーザー診断が推奨されている程です。

オクルーザーについては、こちらをご覧ください。

1.矯正歯科のトラブルについて思うこと

矯正歯科は非常に専門性の高い分野で、知識も経験も必要です。ですから、そういった知識をつけてきていない歯科助手や歯科衛生士がブラケットを直接付けていくことはもってのほかです。
少しネット検索をしてもらえれば分かるかと思いますが、矯正歯科治療が患者さんにとって非常に有益な治療であるにも関わらず、矯正歯科でのトラブルは全国的に多いのです。不適切な矯正治療によって不定愁訴や鬱症状で悩まれている方が全国でどれほどいるのか、一医療人としても心が痛みます。

どうか、あなたが矯正治療後に悩まれないように、そして健康な口腔内を手に入れるために、適切な矯正治療を行える歯科医院でご相談ください。
当院では、上記で説明したような治療内容はもちろん、矯正治療後のメンテナンスなどでかみ合わせの経過観察もかかさず行っています。また、どうしても難しい矯正治療については、私の信頼できる矯正専門医を紹介していますので、どのような方でもご相談には応じることができます。

あなたが矯正歯科を相談される際の選択肢の一つとしてお考えくだされば幸いです

2.歯並びが悪いとこんなことになります!

虫歯や歯ぐきの
病気になりやすい
歯がかさなりあっていたり、かみ合わない歯があると、食べ物のカスがたまりやすいうえに歯みがきがしにくく、虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。
物をかみにくい
歯ならびが悪いと、どうしても物がかみにくく消化不良などの原因となり、からだの健康や発育にまで悪い影響を与えてしまうことがあります。
正しく、はっきりとした
発音がしづらい
ひどい出っ歯、上下の歯がかみ合わない、うけ口… などの場合、電話での会話や外国語を話す時に正しい発音ができず、相手に意味が通じないことがあります。
あごの成長を妨げる
歯ならびが悪いと、あごの成長にも影響し、上下のあごのバランスが悪くなったり、顔が左右対称でなくなったりします。
心理的な影響を与える
悪い歯ならびを気にして人前で話したがらなくなったり、容姿を気にしたりして、友達づきあいも消極的になってしまう傾向があります。

3.矯正治療の流れ

河原町歯科医院では、以下のような流れで矯正治療を行っています。

1来院カウンセリング予約
直接ドクターのカウンセリングを受けたい方、また、具体的に治療をお考えの方はお電話でご予約ください。
▼
2来院・初診カウンセリング
実際にお口のなかの状態や歯並びを見て、不安や疑問にお答えします。
▼
3精密検査
詳しい診断と矯正治療の計画を立てるために精密検査をします。歯や顔の写真を撮ったり、あごの骨のレントゲン撮影、歯型取りなどとともに、顔と口もとのバランスを見たり、咬み合わせの検査などを行います。
▼
4検査結果の説明
検査結果をもとに、今後の治療方針や期間、費用などを詳しくご説明します。患者さん一人ひとりのご希望を伺いながら、症状に合った治療方法や装置を話し合って決めていきます。
▼
5矯正前の治療
ムシ歯などがある場合には、装置を装着する前に治療します。抜歯の必要がある場合も装着前に抜歯します。
▼
6矯正装置装着※必要に応じて数ヶ月で装置を交換する事もあります
目的に合わせて装置を装着します。装着後はワイヤーの調節や歯の状態をチェックするために1ヵ月に一度程度の通院が必要です。
▼
7装置の撤去
装置を外し、歯の表面をきれいに研磨します。
▼
8保定(リテーナー装着)
歯の移動が完了したら、歯が元の位置に戻るのを防止するためにリテーナーという保定装置をつけます最初の半年間が一番元に戻りやすいため、この期間中は一日中装置を付けます。リテーナー装着時も3ヵ月から6ヵ月に一度の割合いで通院し、歯並びの状態をチェックします。
▼
9治療終了
矯正治療が終わっても半年に一度は定期検診して、きれいになった歯並びや咬み合わせを維持していきます。

4.河原町歯科医院の矯正歯科の特徴

当院の矯正歯科では、この3つを特に重視して治療しています。

1.できるだけ歯は抜かない!

2.顎の位置や機能を重視する!

3.理想的なポジションにブラケットを装着する!

「1.できるだけ歯は抜かない」ことについて
1回抜いた歯はもとには戻りません。歯と全身の健康との繋がりを研究している私としては、例え1本の歯であろうとも安易に抜くことはお勧めできないからです。

「2.顎の位置や機能を重視する」ことについて
よく矯正治療といえば、「歯並びをきれいにする」ための治療と思われている方が多いかもしれませんが、それだけではありません。河原町歯科医院では、審美性(見た目)よりも顎位や機能を重視します。
不適切な上下の歯の当たり方(咬合干渉と言います)があると、噛み合わせた時に顎が前後左右にずれる事があり、この状態を放っておくと顎や顔面の発育にアンバランスを生じます。このような場合は、できるだけ早期に治療を始める事をお勧めします。見た目の歯並びの状態を直すのであれば永久歯に生え変わってからでもかまいませんが、顎顔面の成長期(=歯の交換期)に顎のずれがある場合は早く手を打たないと一生の問題になりかねません。顎のずれから背骨、体の歪みを生じていろいろな病気を発症する事もあります。
噛み合わせや全身の調和も含めて、河原町歯科医院では矯正歯科治療を行っています。

「3.理想的なポジションにブラケットを装着する」ことについて
矯正歯科治療において、特に成人の矯正においては、ブラケットを張ってワイヤーで整えることは避けられません。そして、このブラケットを歯のどこに装着するのかが、非常に大切なのです。なぜならば、理想的なポジションにブラケットを装着しなければ、ワイヤーで繋いだ場合に、ブラケットのずれがそのまま歯のずれになってしまい、歯並びが矯正できないばかりか、その後の不定愁訴の原因にもなってしまうからです。
当院では、いきなり患者さんの歯に直接ブラケットを装着していくのではなく、先に模型上で理想の位置に設定して、その位置をシリコンのトレーに取り込むため、口の中で正確な位置を再現して装着できます。
このようにすることで、特に奥歯は正面から見えないので、ずれが生じる可能性が高いのですが、模型上であらかじめ設定しているので、その心配がありません。また、直接一つ一つ患者さんの歯にブラケットを付けていくよりも時間の短縮になるので、患者負担が軽減されます。

5.矯正歯科についてのよくあるQ&A

Q「矯正専門」医院の矯正と、「ふつうの一般的な」歯科医院での矯正の違いは?
Aどちらも歯科大学を卒業している点では同じですが、そこでの専攻科目が違ったのですね。その意味でも専門的に矯正をやってきているのは、言うまでもなく「矯正専門」医院です。
一方で、金額的には、「一般的な」歯科医院のほうが安い場合がほとんどです。なぜならば、「矯正専門」医院では、矯正以外には治療をしていないため、他にも虫歯治療や歯周病治療を行っている「一般的な」歯科医院と比べて矯正の金額を落とせないからです。
誤解を恐れずに大きな違いを言うのであれば、専門性なら「矯正専門」、金額的には「一般的な」歯科医院という違いがまず挙げられます。
ただ、最近では、「一般的な」歯科医院でも矯正に力を入れており、技術的にも問題なく矯正治療が行える医院も増えています。
Qどこの歯科で矯正治療をすればいいか迷います。。。
Aこれは、矯正だけではなくて、虫歯でも歯周病でも同じことで、治療技術は目に見えないため、どこの歯科医院が良いのかというのが本当に分からないものです。
矯正治療でいえば、金額が安いから技術が低いというわけでもありませんし、その逆に高いから技術が高いというわけでもありません。
しかし、「ここでの矯正は辞めておいた方がいい」という基準はあります。
それは、セファロレントゲンの設備がないところです。
セファロレントゲンとは、頭部X線規格写真のことです。顔面、頭部のレントゲン写真を撮影して分析・診断を下したり、経時的に撮影して骨格の成長の変化や歯の移動を観察する、矯正治療で一番重要な機器です。
インプラント治療で言うところのCTに当たる程重要なものですから、このセファロがない医院は辞めておいた方がいいでしょう。
セファロについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

▲ページトップに戻る